スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
私流★消しゴムはんこの作り方
消しゴムはんこの作り方というか彫り方というか。
今回は私流な消しはんの作り方をご紹介しようか思います。
ここはこうした方がいいよというアドバイスがありましたら、是非教えて頂きたいです。
勿論、これを参考にして下さっても構いません。
・・・間違っているかもしれませんが。



画像が汚くて見づらいですが、ご勘弁を

★用意するもの★
・消しゴムorはんけしくん
・シャーペンorえんぴつ
・カッター
・(彫刻刀の)切出刀orデザインカッター ←なければ普通のカッターで
・(彫刻刀の)小丸刀or丸刀 ←別になくても良い
・トレッシングペーパー(写し絵のこと) ←別になくても良い
・ねりけし
・スタンプ台
・厚さのある雑誌とか

っと、とりあえず思いつくのはこんな感じでしょうか。
デザインカッターや切出刀がなくても普通のカッターで応用できます。
ですが、その場合はちょっと違うやり方の方がやりやすいかも。
ちなみに私は家にあった切出刀使ってます。
雑誌は別になくても全く差し支えないのですが、私の場合
机に高さが欲しかったのとカッター等で傷付けても大丈夫なように敷いてます。花とゆめとかLaLaとか。



まずはどんなはんこにするか紙に下絵を描きます。
線はちょっと太く描いた方があとからやりやすいです。
トレッシングペーパーがない人はこの絵がそのままはんこになりますので慎重に。
私はボールを描いてみました。洗面器じゃないですよ



トレッシングペーパーにさっき描いた下絵を写し、
シャーペンで描いた方を消しゴムの上に被せて上からこする。
トレッシングペーパーがない人はさっき描いた紙で同じことをする。



消しゴムに写した絵の不要なところはカッターで切り取る。
その後↑のように線の外側に沿って、矢印の方向へ切り込みを入れていく。
反対方向へ切り込みを入れると、残したい部分が不安定になってしまうので注意。
カーブは消しゴムを移動させるとやりやすいです。たぶん



さっき切り込みを入れた部分より5mmくらい外側から
今度は↑の方向へ切り込みを入れます。




そしたら↑のオレンジ色の線の部分が切り取られ、
」←こんな感じの溝ができるはずです。



そしたら残りの外部分を小丸刀や丸刀でざざっと彫っていきます。




内線?も同じやり方で線に沿って↑の方向に切り込みを入れていきます。
横から見た時の断面図/ ̄\←こんな感じになっていればOK!



あとはできあがりのはんこをねりけしで掃除し、スタンプ台でインク?を付けて紙か布に押せば
できあがり♪

あー長かったですねー(; ̄3 ̄)=3ふぅ]
ここまで読んで下さった方が果たしていらっしゃるか分かりませんが、ありがとうございます(*- -)(*_ _)ペコリ
当初はボールか洗面器か分からなかったものが、
先日作った泡だて器を添えるだけで「ボール」と分かるものになりましたね!す
泡だて器効果ですね!すごい!

作り方はあくまで私流なので、間違っているところが満載かもしれません(汗)
ココ間違ってるよ~やこうした方がいいよ~とか
私はこうしてるよ♪というのがありましたら是非お教え下さい。


↓よろしければコメントの代わりにでも1票お願い致します<(_ _)>




続きを読む
スポンサーサイト
【2005/11/22 23:45】 消しゴムはんこの作り方 | トラックバック(1) | コメント(15) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。